税理士/名古屋 鈴木昌道 相続対策・医療法人設立・節税・独立開業に強い若手 鈴木税務経営事務所
サイトマップ プライバシーポリシー
〒460−0008
名古屋市中区栄2丁目2番23号
アーク白川公園ビルディング4階
0 9 7 - 9 1 1 - 9 7 6 9
ホーム 会社案内 業務案内 採用情報 お問い合せ
 
トップページ > 資産家の方へ > 相続対策を考える
生前に財産を分ける〜相続紛争を予防するために〜
 生前に贈与を行うことは、争族対策、納税資金対策、相続税対策のすべてにおいて、非常に重要な役割を果たします。生前贈与は、次世代に財産を移すことで、相続財産を減らしながら納税資金を確保することが可能であり、生前の遺志をより明確に示すことにもなりますので、相続対策では必ず取り入れる手段の1つになってくるでしょう。
 
 生前に財産を分けるもう一つの方法として「遺言」があります。遺言は、争族対策を行っていくうえで大変重要な役割を果たします。遺言を遺すことで、遺族は故人の遺志を知るとともに、相続財産の中身を知ることができます。
 相続財産がすべて遺言で明らかにされると、「長男が遺産を隠しているかもしれない」などという疑念は生じにくくなります。また、相続する財産を指定されることにより、「遺産分割が不平等である」とか「この土地よりもお金が欲しい」などと主張する権利も無くなります。「相続紛争を避ける」でもお話ししたとおり、均等相続制度と相続財産の不明瞭さが、争族の主な原因となります。 遺言によってこれらの要因を減らしておくことで、争いを予防することができるでしょう。
前ページへ戻る
 
 
 
  人生には3人の友人が必要である。
優秀な医者、優秀な弁護士、
そして・・・。
経営のパートナーである税理士、
真剣に選んでいますか?
相続、事業承継や経営問題など
不安や疑問をお持ちの皆様、
お一人で抱え込んではいけません。
今すぐご連絡下さい。
名古屋の税理士 鈴木昌道
 
お問い合せはこちらから

ページトップ
相続税、名古屋でのご相談は鈴木税務経営事務所
Copyright(C) 2011名古屋の税理士 鈴木昌道 All Rights Reserved.