税理士/名古屋 鈴木昌道 相続対策・医療法人設立・節税・独立開業に強い若手 鈴木税務経営事務所
サイトマップ プライバシーポリシー
〒460−0008
名古屋市中区栄2丁目2番23号
アーク白川公園ビルディング4階
0 9 7 - 9 1 1 - 9 7 6 9
ホーム 会社案内 業務案内 採用情報 お問い合せ
 
トップページ > 資産家の方へ > 資産を守りたい
不動産投資はするべきなのか?〜採算を見極める秘訣〜
 皆様は不動産投資というと何を想像されるでしょうか?
 中古マンションやテナントビルをはじめとする賃貸物件の購入、自己所有の土地への賃貸物件の建築、土地の購入などのいわゆる不動産投資から、リゾート会員権やゴルフ会員権をご想像される方もいらっしゃるでしょう。
 これらのうち、経常的な収益を生まない土地や会員権を投資対象として考える場合、キャピタルゲイン(値上り益)以外で利益を出すことはできませんので、何らかの有力な情報がない限りは、推奨できないと言えます。
 反対に中古マンションやテナントビルなどは、事前に収益性を検討したうえで投資対象を検討できるため、物件を見る目さえしっかりしていれば、投資対象として考えてよいのではないかと考えます。理由としては、金融資産に比べ極端に流動性が低く、手続き等も猥雑な半面、預貯金等では考えられない利回りが確保できる点と、事前の情報量の多いことです。
 しかし、やみくもに儲かりそうな物件に手を出すと、空き部屋ばかりで収益性が低下したり、大規模修繕で10年分の利益が吹っ飛んでしまうといった失敗をしてしまう可能性も大きいため、慎重な投資判断が求められます。
 
 
 
前ページへ戻る
 
 
 
  人生には3人の友人が必要である。
優秀な医者、優秀な弁護士、
そして・・・。
経営のパートナーである税理士、
真剣に選んでいますか?
相続、事業承継や経営問題など
不安や疑問をお持ちの皆様、
お一人で抱え込んではいけません。
今すぐご連絡下さい。
名古屋の税理士 鈴木昌道
 
お問い合せはこちらから

ページトップ
相続税、名古屋でのご相談は鈴木税務経営事務所
Copyright(C) 2011名古屋の税理士 鈴木昌道 All Rights Reserved.