税理士/名古屋 鈴木昌道 相続対策・医療法人設立・節税・独立開業に強い若手 鈴木税務経営事務所
サイトマップ プライバシーポリシー
〒460−0008
名古屋市中区栄2丁目2番23号
アーク白川公園ビルディング4階
0 9 7 - 9 1 1 - 9 7 6 9
ホーム 会社案内 業務案内 採用情報 お問い合せ
 
トップページ > 経営者様へ > 業績を上げたい
資金繰りを良くする
 会社経営者の役割の中で、最も重要なものは、「儲かる仕組みを作る」ことでしょう。しかし、資金繰りが悪化してくると、銀行の対応や資金の捻出に時間を奪われ、会社経営における一番重要な役割を果たすことが困難になってきます。こうした事態を避けるためにも、資金繰り悪化に陥りやすい原因を理解し、陥った場合の対処を学ぶ必要があります。
 会社の資金繰りが悪化する原因としては、次の4パターンが考えられます。
@利益の低下、赤字
A多額の借入による設備投資
B運転資金の増加
Cその他(取引先の倒産・退職金の支払・過大な税負担など)
 これらの原因による資金繰りの悪化を改善するためには、融資を受けるなどの緊急的な対策を講じる必要があります。しかし、その根本的な原因を解決するためには、収益力の改善を図るしか手段はありません。
 
運転資金を理解する
 資金繰りを考える場合、「運転資金」に対する理解は必須となります。
「運転資金」(運転資本)とは、仕入れをし、販売代金を回収するまでに必要なお金を意味します。そして、この金額が少ないほど資金繰りは改善されます。
 下の図は、商品を仕入れ、販売代金を回収するまでの流れを示したものです。仕入れの決済を遅くしたり、販売代金の回収を早めることが運転資金の圧縮につながることがよく分かると思います。
 
緊急的対策の例
@資産の売却
A金融機関からの借入
(保険会社の契約者貸付金・小規模企業共済の借入・ファクタリングを含む)
B銀行へのリスケジュール(リスケ・条件変更・返済猶予)依頼
C給料日の変更
 
予防的対策の例
@売掛金の回収期間の短縮する
A仕入業者のサイトを長くしてもらう
B在庫を減らす
C給料日を月末から5日などに変える
Dその他の原因に備えておく
   取引先の倒産:倒産防止掛金への加入
   退職金の支払:中小企業退職金共済・保険の加入
   過大な税負担:役員賞与などの経費にならない支出をなくす
前ページへ戻る
 
 
 
  人生には3人の友人が必要である。
優秀な医者、優秀な弁護士、
そして・・・。
経営のパートナーである税理士、
真剣に選んでいますか?
相続、事業承継や経営問題など
不安や疑問をお持ちの皆様、
お一人で抱え込んではいけません。
今すぐご連絡下さい。
名古屋の税理士 鈴木昌道
 
お問い合せはこちらから

ページトップ
相続税、名古屋でのご相談は鈴木税務経営事務所
Copyright(C) 2011名古屋の税理士 鈴木昌道 All Rights Reserved.