税理士/名古屋 鈴木昌道 相続対策・医療法人設立・節税・独立開業に強い若手 鈴木税務経営事務所
サイトマップ プライバシーポリシー
〒460−0008
名古屋市中区栄2丁目2番23号
アーク白川公園ビルディング4階
0 9 7 - 9 1 1 - 9 7 6 9
ホーム 会社案内 業務案内 採用情報 お問い合せ
 
トップページ > 経営者様へ > 税負担を軽くしたい
保険を活用した節税 〜将来に備え、不測の事態に対応する〜
 皆様の会社では、役員や社員に万が一のことがあった場合に、借入金を返済できるだけの資力があるか、保険に加入していらっしゃるでしょうか?また従業員さんの退職金に対する備えはできているでしょうか?
 これらの備えができていない場合に不測の事態が発生すると、ご家族の暮らしに多大な影響を及ぼす可能性も少なくありません。そうしたリスクに対応するためにも、単なる節税商品としての保険ではなく、将来に対する備えとしての保険本来の役割を見直しましょう。
 保険の効果
 保険には万が一の場合へのリスクヘッジという役割だけでなく、資金を留保するための手段としての効果も期待できます。またその際に、税金を減少させる効果も持っていることから、従業員の退職金の準備資金として活用されている企業も多くいらっしゃいます。
 中小企業の従業員のための退職金制度として、中小企業退職金共済がよく知られていますが、同制度は従業員に対する退職金の積立を全額損金とできる優れた制度ですが、「原則従業員へ直接支払われる」等の特徴を嫌う法人の中には、保険を使われる方も多いようです。
 節税を目的に保険や金融商品を購入する方も多く存在します。とりあえず利益を先延ばしにできるため、対策としては取られやすい方法でしょう。しかし、これら商品を検討する場合には、次の注意点について検討いただき、減らした税金よりも多くの手数料を支払うことのないように気をつけましょう。
 
 節税も意識して保険・金融商品の活用する場合の注意点
 ・税金のかわりに保険料や手数料を払っていることを認識する。
 ・お金が戻ってくる時のことも考慮に入れる(解約時の利益に注意)。
 ・最低でも、次の計算式を満たすことを確認する。
  (1−解約返戻率)+ 解約時の所得に対する税率 < 現行税率
 ・現状の税制が変化する可能性も考慮に入れる。
前ページへ戻る
 
 
 
  人生には3人の友人が必要である。
優秀な医者、優秀な弁護士、
そして・・・。
経営のパートナーである税理士、
真剣に選んでいますか?
相続、事業承継や経営問題など
不安や疑問をお持ちの皆様、
お一人で抱え込んではいけません。
今すぐご連絡下さい。
名古屋の税理士 鈴木昌道
 
お問い合せはこちらから

ページトップ
相続税、名古屋でのご相談は鈴木税務経営事務所
Copyright(C) 2011名古屋の税理士 鈴木昌道 All Rights Reserved.